債務整理は司法書士に依頼するのは普通?

債務整理は司法書士に依頼するのは普通?

今後は債権者主張額説にしたがって、債務者の受ける経済的な利益が140万円以内であっても、債権者の主張する債権額が140万円を超えるようなケースでは、司法書士は代理できないということになります。司法書士が代理人となることができるのは、訴訟や紛争の目的の価額が140万円以内のものに限られるためです。

また、上記最高裁判決では、140万円を超えているかどんなふうにかを判断する基準について、「債務の総額」を基準とするのか、「個々の債権額」を基準とするのかについても判断され、最高裁は、「個別の債権ごとの価額」を基準とすると判断しました。したがって、債務の総額とは無関係に、債権額が140万円以内のものについて、司法書士が代理できるということになります。

任意整理の手続きを行うにあたり、司法書士の代理権の範囲が問題となることがあります。この考え方を「受益説」と言います。

従来、司法書士会連合会は、改正司法書士法の立案担当者により執筆された解説書「注釈司法書士法(テイハン)」の記載を根拠に、債務者の受ける経済的な利益が140万円以内であれば、司法書士は任意整理手続きについて代理できると主張していました。たとえば、100万円の借り入れが5口あるというような場合であっても、合計500万円だから司法書士の代理権の範囲を超えるということにはならず、5口とも司法書士が代理できるということです。

しかし、司法書士の代理権について争われた最高裁平成28年6月27日判決では、任意整理手続きについて司法書士が代理できるのは、債権者の主張する金額が140万円以内である場合に限られると判断されました。この考え方を「債権者主張額説」といいます。



債務整理は司法書士に依頼するのは普通?ブログ:06月30日

過払い金請求は数多くの専門家が開設されているので、利用する前に依頼実績などをチェックすることが大切です。まとめサイトや闇金業者対策情報サイトなどをまず最初にチェックしてみるのも理想のサイト選び方法です。


驚くほど簡単に信頼出来るキャッシング問題解決が可能な法律実務家を便利なインターネットを利用されることで探し出すことが可能で、数多くの人が近頃は登録をして情報を掴んでいます。


司法書士によってある程度異なるカラーがありますので、利用する前に借金問題解決方法をしっかりとセレクトすることが大切で、過去実績などをCHECKして実際に登録しましょう。


現在では借金返済の手段の詳しい知識を勉強しターゲットリサーチを始まっていくのは何にも不思議なことではなく、今までのビジネスをさらに発展した司法書士や弁護士も不思議なことではありません。


法律事務所の利用はまとまった費用が掛かってきますので、借金トラブルの際には信頼することの出来る司法書士を選ぶことがかなり重要です。
借金の専門家の中には、相場を超える借金整理料金を強気に言ってくる相当悪徳な法律家も少なからずあるので、信頼出来る弁護士を探すことがキモです。
どんな場所でもオンラインを使用することによって法律家探しが可能になりました。マジで信頼することの出来る弁護士でお金を返す方法を進行していきましょう。
まとまった資金などが弁護士や司法書士の利用は掛かってきますので、評判の弁護士や司法書士を借金トラブルの際には選ぶことがかなり重要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ